Brilliant Scape

Just another 感想文のたぐい

今朝はてブのホッテントリでこの記事を拝見。 たしかむかしに一度試したことがあったけれど即却下した記憶がある「Station」、ちょっと見ぬまにかなり使えるサービスになっていた。

station https://getstation.com

メール、メッセンジャ、ドライブ、その他ありとあらゆるアプリを一箇所に統合できるというアプリケーション。 自分にとって長年実現したかったことはそんなだいそれたことではなかった。

  • 複数のGSuite(Gmail)アカウントを使いたい
  • 通常のブラウザとは独立させたい
  • キーボードショートカットを多用するのでブラウザのインターフェイスで

これを叶えてくれるサービスは少なく、Macで長年使ってきたのはMailplaneだった。 mailplane https://mailplaneapp.com

振り返ると2007年からもう12年も使っている。 過去最高にお世話になっていて十二分にもとが取れているペイドアプリだ。

しかしWindows版が存在しない。 なんども要望を直接だしているけれどそのつもりはないらしい。

昨年のノートPCの買い替えの際、WindowsノートかMacbookかという選択で後者を選んだのはDay OneとMailplaneがMacにしかないことも要因のひとつだった。

しかし最近Mailplaneのバージョンが4になってこれまでの有料会員が切り捨てられ、新たに購入を求められていて躊躇しているところだった。

朝さっそくStationをインストールしてみてざっと使ってみている。 複数のG Suiteアカウントのメールとカレンダー、複数のSlackアカウント、Facebookメッセンジャ、Googleハングアウト、Twitter、Evernote、Dynalistの合計14アカウントを設定して見ている。

アプリの動作もかなり軽く、キーボードショートカットもありかなり快適。

これで無料なのはうれしいけれど、それゆえに不安もある。 いいものはしっかりマネタイズしてもらっていないといつかなくなるのではという不安。 そして手放せなくなってからの高額な課金が発生するのは悪夢だ。

—-(追記)—- と書いたものの1週間ほど使ってアンインストールしてしまった。 Macではタブ切り替えのMailplaneに、Windowsでも同様にVivaldiでメールとカレンダーとタブスタックにして並列表示させることの利便性を上回ることがなかった。 アカウントの切り替えを左端縦並びのアイコンで行うことがどうもなれなかった。 あくまで慣れの問題なんだけど。

#station #web #app

SNSにおいて、「ライク」と「シェア」という仕組みが非常にまずいものであるとトーバルズ氏は述べています。これらの動作は多くとも数クリックと非常に簡単に行えてしまうので、本当に価値がある情報かどうか確かめる前にライクやシェアを行ってしまいがちです。トーバルズ氏はこうしたボタンについて「正義心などの感情的な反応を引き出すようにデザインされている」と批判しています。 ▼「SNSは不健全な状態だ」とLinuxの生みの親リーナス・トーバルズがインタビューで言及 http://gigazine.net/news/20190404-linus-torvalds-facebook-disease/

「正義心などの感情的な反応を引き出すようにデザインされている」とはそのとおりで、サービス提供者だった身としてはそのデザインこそが秀逸だと思う。 同時に、これこそがインターネットがおもしろくなくなっている理由のひとつでもある。

國光さんが「インスタやFacebookはそろそろ終わると思っている」と言っているのも同じ。(そこからこの新時代のSNSに通じるのはまだちょっと理解はできないけれど。)

昨夜電車の中でスーツ姿の若者二人と居合わせたんだけど、渋谷から和光市までの40分間ずーっとビジネスシューズの話をしていた。 ファッション弱者な私にはさっぱり内容がわからなかったけれど、その会話の中にブランドとそのブランドの歴史などの知識量がすごくて100%オタクな会話だった。

そう、好きなことをオタッキー(死語)に語れる場がネット上から消えた。

かつてはそれを2chが担っていたけれどTwitterに取って代われた、(気がしてた)。

TwitterをはじめほとんどのSNSはソーシャルグラフなので「そのひと」への関心でできている。 「そのこと」への関心で結ばれるインタレストグラフは(ハッシュタグという作法が現れたけれど)未だ実現しているとはいえない。

そのことについて、家族、友達、同僚から白い目でみられるくらい、熱狂的になれる場。 このホワイトスペースにこそ「新時代のSNS」になるべきものがあって、あらためてインターネットがおもしろい場所になるのではないだろうか。


(そう思いながら10年くらいすぎてしまったんだけどね…)

#web

川越に住まうようになって6年、ここから毎日のように東武東上線に乗って都内との往復をしている。 目の前を流れる車窓から見える景色、一度だけ鉄橋で渡る川が柳瀬川。 これまで一度も降りたことがなかった柳瀬川駅西口に降りてみた。 目的は麺や まつ本というラーメン屋さんの「柳瀬川ブラック」。 麺や まつ本の柳瀬川ブラック麺と具材の味が引き立つスープ、大好きなブラックペッパーが最初から効いてて最高だった。 このお店が気になっていたのは、時折開催されている「柳瀬川ブロックパーティ」のせいもある。 いつか子供と来てみたい。 スープを最後まで飲み干して店外に出ると周りは閑散としていた。

麺やまつ本の柳瀬川ブラック

このお店のあるぺあもーるという商店街は20時すぎるとほとんど閉めてしまう。

ぺあも〜るに22時までやっているという喫茶店があるらしいけれど見つけられなかった。

ぺあもーるのドン突きまで行くとニョキニョキとそびえる志木ニュータウンが見えた。

案内図を見てみるとニュータウンのなかに小学校ふたつと中学校ひとつが並んでいる。

志木ニュータウン案内図

Wikipediaによると鹿島建設が初めて手がけた大規模開発だったそうで、高度経済成長期を経て我が国が世界の最先進国を謳歌しはじめた80年代に作られた街だそうで、柳瀬川駅もこのために作られたとのこと。

それから30年を経たいまは高齢化が進み、静かな街になっているらしい。 この街がいちばん元気だったころはきっとこどもたちであふれていたんだろう。

あいさつ通り

駅前の交番もなんかかわいい。

柳瀬川駅前交番

柳瀬川駅西口は希望に満ちあふれた昭和の面影があった。 哀愁漂う風情、機能がすべてがコンパクトにまとまっている。


線路をくぐって東口に出た。 柳瀬川の夜桜人がひしめき合う目黒川より静かに愛でられる柳瀬川の桜の方がいい。

柳瀬川の夜桜

#saitama #ramen #trip

surface go

あっというまにすぎてしまった Surfaceアンバサダー としての Surface Go 試用期間。特に高機能ではないけれど使ってみないとわからない絶妙な「ちょうどいい感」に完全にヤられてしまった。

以下の視点でのレビュー。 1. パワフルなメインマシンを使っている人 2. モバイルオフィスのためのサブノートがほしい人 3. ゲームや動画観賞は求めていないビジネスマン

初代Surface Proとの比較

surface go and surface pro

1)サイズがちょうどいい 一般的な13インチ台1kg前後のノートPCよりも圧倒的に軽く、オフィスで会議室ホッピングする際も片手で掴んで持ち運べる。ふとしたときの身軽さは武器。そして客先商談でもバッグからサッと取り出しサッとしまえる。かたづけにバタバタしなくてすむ。これはSurface Goの圧倒的利便性だと思う。

2)Officeが使えてちょうどいい サイズだけならもっと高性能なiPadに勝てないだろう。それでもわざわざWindowsを選ぶ最大の理由はやはりExcelやPowerPointをフルに使えることに尽きる。Goの日本発売に際してOfficeが付いたぶん高価になったことへの批判があったけれど、日本のビジネス市場ではOffice環境があたりまえに使えることが思いのほか重要だったりする。

3)ハードのつくりがちょうどいい 最近のノートPCはMacBookを仮想的かつ模倣に走るあまりボディの高級感にこだわりすぎする傾向がある。そんな中でGoのルックスに静物のモノとしての魅力は感じにくい。しかし使っているとその印象は大きく変わっていった。これくらいの感じがバタバタしたビジネスシーンには「ちょうどいい」のだ。少々ラグに扱っても気にならないけれどMacBook、Surface Laptop、Dell XPS、HP Spectreだとそうはいかない。それでいて頑丈。

ACアダプタもかなりちいさく

acadapter

Surfaceは2013年発売の初代Proをリビングで使い続けている。この5年の間に細部が大幅に改良されていることを感じた。 個人的にはSurfaceの伝統的なシェイプがあまり好きではない。キックスタンドは膝上で使いにくく、もともと指に力が入りがちなのでタイプキーボードはガチャガチャしてしまうからだ。 ところがGoのキックスタンドは無段階で動作するのでどんなデスクでもちょうどいい角度にできる。脚を組んで膝の山にキックスタンドを挟むようにすれば意外とかGoのサイズもあいまって一定の安定感が得られることを発見した。電車の座席では無理だけれどカフェのソファなら使える。 気になる点はやはりパワー。プロセッサとメモリをあと少し改善してほしいと感じることがしばしばあった。特にマクロの組まれたExcel操作やタブを展開しすぎたChromeでひっかかる。しかしGoの利便性のトレードオフとして許容できる範囲。

スペックはともかくサイズが生み出す魅力が底知れない

前述の大前提はまさに私のこと。これまでいくつかのノートPC、MacBook 、iPad、Xperia Tablet、Chromebookなどを試してきたけれど今のところSurface Goの可搬性と可能性がすばらしい。 LTE版がでたら最強のビジネスサブノートだと断言できる。

#gadget #windows