実に5年ぶりのエントリ!

Evernoteでブログ更新できるPostach.ioはあまりに画期的かつ先進的でした。

▼Postach.io

それ故に機能的に物足りなく、話題にはなったもののその後つづけている人は見かけません。
実際に過去1年間に日本でPostach.ioについて書かれた記事は数件しかありませんでした。

私もこの後何件かポストしていつつ放置状態でしたが、2015年3月に突然の有料化のアナウンスがありました。


この決断には起業ゆえの様々な出来事があったようです。
しかしながら日本では多くのユーザがこれを機に離れたようです。
14日間の無料期間後に1ヶ月9USD、1年間90USDとされていて私もつづくに至りませんでした。


この3月でブログサービスの仕事を離れることになり改めてブログを書くことを考えていました。
どうせなら。1年半前に休眠会社にした私の会社のドメイン「briscape.com」を活用できるカスタムドメインが使えるサービスで。

まず思いついたのはWordPress。
フリーランスになった時に食いつなげたのはWordPressでのサイト構築代行でした。
あれから10年近くたってWordPressも進化し、それをキャッチアップする時間もないな、と思っていました。

次に考えたのがGhostとSquarespaceといったCMSのサードウェーブ。
自社を立ち上げた時に最初に試したのがSquarespace。
あまり自由度がなく次に試したのがGhost。
GhostはAWSにホスティングすればお金がかからず、かつテーマが先進的でMarkdownのWX(Writing Experience)がすばらしく自社サイトに採用していました。
会社を休眠させたいまそのまま利用するまでもなく、AWSコストも割けないので見送りました。

その次に考えたのがはてなブログ。
ドメインを使うには有料のPro登録が必要で1ヶ月600円。
悪くはないんだけれど自社の競合サービスにお金を払うのわなぁ、と。

惜しむらくはMedium。
WXが最高。
しかしカスタムドメイン設定機能が終了してしまったので見送り。

そして行き着いたのがこのPostach.ioでした。

無料版に一旦戻す措置をしてもらい、改めて有料登録でドメイン設定が完了しました。

日本でのPostach.ioユーザは数えるほどしかないので、使い続けて情報を共有して行きたいと思います。